収音マイクから赤外線マイクまで。会議用マイクのご案内

HOME > 会議システム > 会議用マイクシステム
会議用マイクシステム 会議用マイクシステム
集音マイク バウンダリーマイクロホン AT841b[ audio-technica製 ]
1〜2人用
型式 バックエレクトレットコンデンサー型
指向特性 半球全指向性
周波数特性 40~20,000Hz(ローカットスイッチ付)
電源 単3形乾電池×1またはファントムDC11~52V
消費電流 400μA(電池時) 2mA(ファントム時)
出力コネクター キヤノンXLRMタイプ(パワーモジュール AT8537)
ケーブル 7.6m
仕上げ マットブラック焼付塗装
質量 78g
エレクトレットコンデンサーマイクロホン ECM-MS907[ SONY製 ]
3〜7・8人用
指向特性 単一指向性×2(指向主軸角90゜、120゜)
コード、
出力コネクター、長さ
金メッキ、L型ステレオミニプラグ、約1.5m
使用電池連続持続時間 単3形×1/約200時間
(R6P(SR)使用時)
大きさ(最大径×全長) 29×127mm(本体のみ)
グリップ径(直径) 29mm
質量 約110g(乾電池・コード含む)
2chマイクロホンワイヤレスシステム ATW-1322 [ audio-technica製 ]
5〜15人用
  1. 最大10チャンネルの同時使用が可能。
  1. 使用周波数をコーディネートするリンク接続。
  1. 堅牢なメタルボディとコンパクトサイズなラックマウント型レシーバー。
  1. 外部設置可能なレシーバーユニット(ATW-RU13J)は幅広い用途に対応。室内の天井や壁、さらに別の部屋へ展開できるなど場所を選ばず設置可能。
  1. トランスミッターの受信レベルと電池残量などを一目で確認できる全面LCD搭載。
  1. 自動設定機能を搭載しているため、ユーザーによるチャンネル設定は不要です。
  1. 従来機種で高い評価を得ている3つのダイバーシティ(スペース、周波数、時間)を継承し、安定した音声通信を実現しています。
会議用デジタル有線マイク ATUC-50シリーズ [ audio-technica製 ]
会議専用
  1. 3ピンの平衡コネクターを通して電源供給可能なLEDリングを搭載しつつ、高音質と柔軟性を実現。
  1. 通常の3ピンマイクを接続することも可能。
  1. ディスクリートトランジスターを用いたマイクプリアンプを採用することにより低ノイズを実現、個別ゲインも調整可能。
  1. 高音質で高解像度のスピーカーを搭載。
  1. 24bit/48 kHzの音質。
  1. 複数の独立したインジケーターを搭載(マイクLED、トークボタン部・マイクユニット背面部のマルチカラーLED)。
会議用赤外線マイク ATCS-60シリーズ[ audio-technica製 ]
会議専用
  1. 新開発の音声検出エンジンでマイクを自動でONにすることが可能。
  1. 発言していないマイクの自動OFF機能を採用(マニュアル運用時)。
  1. 声以外の音には反応しにくい独自の自動検出機能搭載。
  1. スピーカ内蔵のハイエンドモデル。
  1. マイクは通常タイプ(ATCS-60MIC)とロングタイプ(ATCS-L60MIC)をお選びいただけます。
情報漏洩に強い、会議に適した赤外線システム
  1. 情報化社会において情報の安全性確保は最優先事項です。それは会議マイクシステムにおいても同様です。隣のビルにまで電波が届いてしまうワイヤレスシステムを使っていては、情報漏洩をしてしまう可能性があります。ミニ放送局のような従来のワイヤレスに対して、赤外線システムは、ブラインドひとつで情報を漏らさない特徴があります。
  2. 情報漏洩に強い赤外線会議システムに新たに投票ユニットがラインアップされました。議会での採決などに活躍します。
有線赤外線統合会議システム TS-900シリーズ[ TOA製 ]
会議専用
  1. 有線と無線(赤外線)両方式の会議ユニットを組み合わせて使用できる統合型会議システムのセンター装置です。有線インターフェース、赤外線の送受光器を接続し、会議ユニットを制御します。
  1. 有線と無線の会議ユニットを合計192台接続できます。
  1. FBS(FeedBack Suppressor)を搭載していますので、効果的なハウリング抑制ができます。外部制御、投票、機器設置確認などをPCで行えます。また、主、副の2系統の音声ラインがあります。

top